内蔵脂肪を落とす方法を知ろう|脂肪を落として健康維持

家族

サプリメントの有効性

関節

症状と対処法

高齢者に多く見られる膝の疾患に、変形性膝関節症があります。これは、膝の関節軟骨が磨り減ることで起こるもので、主に膝の痛みを引き起こします。初期症状から膝の痛みが現れ、症状が進行するにつれて痛みが強くなり、関節の曲げ伸ばしや歩行などに支障をきたすようになります。さらに悪化すると歩行困難や膝の変形などが見られるようになります。また、関節液の分泌量が増加するために、膝がパンパンに腫れあがることもしばしば見られます。変形性膝関節症による膝の痛みが起こる理由は、骨と骨が直接擦れあったり、衝撃や負荷が大きくなることにあります。どちらも関節軟骨のすり減りが原因です。なので、症状の緩和や改善には、関節軟骨に良い成分を摂取することが非常に重要だと言われています。この成分はサプリメントで摂取することが可能です。症状の改善だけでなく、予防の為にサプリメントを利用している人も非常に多く見られます。

関節軟骨に必要な成分

膝の痛みを伴う変形性膝関節症は、関節軟骨のすり減りが原因で起こります。関節軟骨が磨り減る原因は加齢や肥満です。特に加齢によって起こることが多いため、50歳を過ぎると発症リスクが高くなると言われています。60歳を過ぎると発症数が急激に増え、70歳代や80歳代になると約半数の人に膝の痛みが現れるようになります。加齢によって関節軟骨のすり減りが起こる理由は、関節軟骨を構成する成分が不足するためです。その成分とは、グルコサミン、コラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸などです。食事からはほとんど摂取できないため、他の栄養素を材料として体内で合成されています。しかし、その合成する量が加齢によって減少するために、変形性膝関節症を発症する可能性が高くなるのです。つまり、これらの成分をこのままの形で摂取できるサプリメントは非常に優れていると考えられます。日本人は膝の痛みを起こしやすいため、このようなサプリメントの需要は年々増加傾向にあります。変形性膝関節症の存在も広く知られるようになった昨今、サプリメントの需要はますます増加するものと考えられます。

Copyright© 2016 内蔵脂肪を落とす方法を知ろう|脂肪を落として健康維持 All Rights Reserved.